2017年2月18日土曜日

篠山市大山の高畑山

冬は雪を避けて南の山を歩くことが多いのですが、藪ばかりで疲れます。少し暖かくなったので、気持ちのよい山を歩きたいと思って、2016/8/14に歩いた波賀尾岳から西に伸びる尾根の、さらに西の方を歩こうと思いました。そこで、大山上からに西に歩いて行くと、北側の植林の急斜面に上がっていく道があったので、登ってみることにしました。この道は小さな墓地ですぐに終わってしまうのですが、そこから急斜面の植林を登りました。作業道の名残を探して登っていると、上の方に伐採された木が積み上げてありました。どうみても林道です。伐採された木や枝を避けて登ると、ほぼ水平に走る林道に出ました。やや古めのものです。歩いてみても登って行く気配はないので、無理やりまた植林に入って、急勾配の荒れた植林を登り続けました。360m+の尾根に出ると一息つけました。この北は急斜面を降りますが、降りた所に金網の扉がありました。ここからが本格的に山ということになります。この先は急勾配はありますが、真っ直ぐに尾根を登って、高畑山([1])に着きました。ここには2016/01/16に来ています。高畑三等三角点(461.41m)があります(写真)。

高畑山からはちょっと尾根を西に歩くと、篠山市と丹波市の市境の尾根に出ます。今回はこれを南に歩きました。周囲はずっと植林なので、歩くには障害はありません。401mピークからは間違えずに南に降りると、地形図には東に降りる破線道が描かれていますが、これは見つかりません。しかしそのすぐ先には切通しがあり、両側に道がありました。これが地形図の破線道に繋がっている可能性は大です。その南で尾根を東に曲がり、市境を離れてそのまま東に植林を歩きました。この付近の植林は気持ちの良い場所でした。そして、2016/08/14にも来た井谷四等三角点(347.18m)に着きました。「井谷坪」という札が掛かっています。南にちょっと降りると鹿の白骨がありました。さらに東に歩くと、ちょっと倒木の多い場所を抜けて、川代公園への道標のある鞍部に出ました。これは地形図にある実線道です。歩いてきた方向は「秋葉神社跡」となっていますが、歩いたルートには神社跡は無かったと思います。ここから北に道を降りて、大山上に下山できました。この道には「秋葉坂」という名前が付いているようです。

雪は全く残っていなかったので助かりました。2時間半で一周できました。この付近の尾根は最近地籍調査か何かが行われ、赤い頭のプラスチックの杭がたくさんありました。北の尾根は2015年、南の尾根には先週の日付が書かれていました。なお、起点と終点の谷をさらに西へ入ると、高畑山と銅山跡への道標があって、これを登るのも面白そうでした。

展望 ☆☆☆
藪山度 ★☆☆
地形図は「柏原」「宮田」です。

2017年2月11日土曜日

寒河の天狗山

寒くて天気予報は雪だったので、暖かいところということで海沿いの山に登りました。岡山県日生町の寒河の八幡神社から登山道があります。この神社には岡山らしく備前焼の狛犬います。登山道はよく整備されおり、急勾配にはロープもあります。この日はちょっとぬかるんでいましたが、問題なく登れました。途中で振り返ると展望の良い場所がいくつもあります。登山道の両側はほとんどシダで埋まっており、灌木も多いので他のルートで登ることは考えられません。急勾配を登って一旦平らになり、また急勾配を登り、再び平らになってしばらく歩くと山頂に着きました。岩が多く、展望は良好です。写真は逆光の瀬戸内海です。

下山も登山道で西に降りました。東の尾根に行けないかと思っていたのですが、このシダ藪では無理だと判断しました。海岸近くの山は、こんな感じの所が多いようです。北側は少し雪が残っており、真砂土に霜柱が見られましたが、シダが少し出っ張っている以外は歩き易い整備された登山道でした。アップダウンしながら三ッ池に降りてきました。

三ッ池からは谷道を降りましたが、この谷が意外と面白く、落差数mの滝や、岩盤をなめて流れ落ちている場所などがありました。岩が滑りやすい場所もあります。見上げると岩山が聳えており、この付近の山は全体が岩でできているという印象でした。

有名な山らしく、寒い日でしたが5グループと出会いました。

展望 ★★☆
藪山度 ☆☆☆
地形図は「備前三石」です。

2017年2月4日土曜日

比延山城から東の尾根へ

西脇の東側、比延駅の東の山裾に城山公園があります。サッカー場として使われることが多いようですが、グラウンドの南端に比延山城への登山道があります。頂上まで700mとなっています。この登山道は整備されていますが、かなり急な部分が多く、登りやすいようにロープが張られています。標高289mの城跡は西脇方面が望めます。もっと展望が良いのは東に歩いた城山四等三角点(286.88m)でした(写真)。しかし、今日の目的は比延山城だけではありません。三角点から東に歩くと、登山道は北に降りていきますが、途中に東へ降りる道があり、明らかに木の枝でそちらに行かないよう塞いであります。こちらが予定していた尾根歩きの始まります。

最初のうちはこれまでの登山道とあまり違わない道でロープも張られていますが、だんだんに怪しくなってきます。踏み跡はだいたいあるのですが、シダが膝くらいまで生えていますし、灌木の枝もたくさん張り出しています。一旦150m+の鞍部まで下りてから登り返し、270mピークの方へも行ってみましたが、シダがかなり茂っていました。主尾根に戻ってさらに東に歩きました。抜けられないような藪はないにしても、スタスタと歩けるような尾根ではありません。救いは時々展望があることで、南側に北池、北側も西脇方面も時々見えました。170m+の鞍部には、切通しがありました。確かにここはこの尾根を横切るなら一番楽な場所でしょう。とは言え、今は南側にはゴルフ場しかありません。この鞍部の北東の斜面はかなり急な斜面で、岩が露出していました。

その先も藪っぽいのですが、突然尾根に看板がありました。「月世界展望 標高292m」と書いてあります。「塚谷公園ハイキングコース」で、「尻餅坂まで190m」とのことです。尻餅坂は北に下山する方向で、麓からここにハイキングコースが上がってきているようでした。このハイキングコースは所々に看板がありベンチがあり、展望があります。看板にはその場所の名前が書いてあるのですが、順番に「上昇気流展望 280m」「雲海展望 318m」「いん石展望 314m」「しあわせ展望 327m」です。途中は岩場もあって展望が良い代わりに道は怪しくなっていました。しかし「しあわせ展望」まで道はあり、ここにある柚津良葉四等三角点(327.10m)で終わっていました。

三角点を過ぎるとまた踏み跡を辿って藪を抜けることになりました。展望の良い岩場もありますが、灌木が邪魔です。マーキングはあるのですが、シダが元気です。最初はここからぐるっとゴルフ場の周囲を巡って南の尾根を西に歩く予定で、そのコースを一望できる地点もあったのですが、時間的にとても無理だということがわかったので、346mピークから下山しました。地形図で見るとさほど急でもなさそうなので、適当に北に降りたのですが、シダが茂っており、急斜面では背よりも高くなっていました。危険なのでなるべくシダが少ない方向を探すと、谷に降りてしまいました。谷もガレ石が多くて歩きにくいのですが、シダよりはマシでした。最後は2016/12/29に通った道に降りられました。出発点の城山公園までは、長い道のりでした。

展望 ★★☆
藪山度 ★★☆
地形図は「比延」です。

2017年1月28日土曜日

香寺町の恒屋城

今日は近場ということで、香寺町の恒屋城とその東の尾根を歩いてみました。恒屋城へは、香寺町恒屋から登山道があります。細い道で人家の間を抜けると駐車場があり、そこから階段が作られています。この階段はさほど登りにくくなく、素直に登れました。気持ちの良い林の中を登っていくと、まず前城に出ました。ここは下から見上げた時によく見える地点で、ビニールに囲まれたお堂があります。ここからの眺めも十分に楽しめます。さらに登ると三の郭を過ぎて、土塁や堀がたくさんあります。今は藪になっていますが、かなり広い平坦地が多く、相当な数の建物が建てられていたと思われます。二の郭を過ぎて、標高236mの本丸跡に着きました。むかし財宝が埋められているという噂が流れたそうで、宝探しに掘った穴がありますが、他は何もない平坦地です。展望は低山の割に素晴らしく、ほぼ360度が見渡せます。写真は明神山です。

恒屋城からは、東へ降りました。城跡なのでこちらも堀切のようなものが作られており、それが藪化しています。よく探すと道の跡がありますが、灌木の間を抜けて急斜面を降りなければなりません。枝を押しのけつつ鞍部まで降りると、ちょっと風通しの良い林になりますが、次の250m+ピークへの登りも藪で、ところどころシダが生えています。しかし抜けられない程の藪ではなく、なんとか山頂に出ると、ここには下草はありません。尾根を東に歩いて210m+ピークまで来ると、切り開きがありました。北へ降りる下山道があり、赤いマーキングがありますが、これは関電の巡視路のようです。尾根にも道があり、ここからは軽快に歩くことができました。途中に北の第5鉄塔に降りる分岐があり、西谷四等三角点(239.30m)を過ぎると、鶴居支線4鉄塔がありました。さらに、東に木の合間から福崎方面を見ながら南に歩き、212mピークには第2鉄塔がありました。この鉄塔の上には鳥の巣があるようです。この尾根には、広く展望の得られる場所はありません。ここからは巡視路で下山しましたが、倒木が多くて迂回が必要な場所がたくさんありました。そして鶴居支線1鉄塔を過ぎて、倒木を避けて降りていくと、笹薮の中の道になり、道路に出ました。

最後に駐車場まで戻って2時間半ほどの行程でした。恒屋城と東の尾根を別々に歩けば、それぞれ良いハイキングコースだと思います。

展望 ★★☆
藪山度 ★★☆
地形図は「前之庄」です。

2017年1月21日土曜日

龍野の養久山と表山三角点

たつの市揖保川町の、山陽自動車道の南に並行している山並みがあります。雪が降った翌日だったので低山を歩こうと思って行ってみました。登り口は中垣内川が揖保川に合流する付近です。「養久山遊歩道総合案内板」があり、そこから簡単に尾根に上がれました。あとはずっと尾根歩きとなります。日吉神社への分岐を過ぎると21号墓があり、ここから1号墳まで尾根には古墳が並んでいます。なお、ほとんどは墓となっていますが、1号と18号は前方後円墳が確認されているので墳となっているようです。番号は必ずしも連続していません。よく整備された尾根で、気持ちよく歩けました。たくさんの古墳を過ぎて、養久から道が上がってきている三差路広場に出ました。このすぐ西には北に降りる道に石仏があり、弘化4年のものだそうです。その西には東屋があります。標高が低いので瀬戸内海はあまり見えませんが、南側の展望が大きく広がります。その先には乙城址があります。これは室町時代から戦国時代まで続いた城のあったところだそうです。地形は段々があったり土塁のような場所もあって城らしいのですが、石垣などは全く残っていません。またしばらく古墳を見ながら歩くと、西播龍野線38鉄塔に出ました。そして石棺らしき石のある2号墓の所に養久四等三角点(99.22m)があり、それを過ぎると養久山1号墳に出ました。これは32mという大きな前方後円墳で、時代的にも他が弥生時代後期となっているのに対してこれだけは古墳時代前期のものです(写真)。1号墳を過ぎると遊歩道は本條への下山道へ曲がりますが、それではつまらないと思って真っ直ぐに西に降りてみました。途中までは切り開きがありましたが、最後は竹藪に降りてしまい、民家の庭に降りないようにやや大回りすることになりました。素直に遊歩道を歩くのが正解でしょう。

遊歩道はここまでで、さらに西の山には道はありません。県道440号線の西側に、「石田翁記功碑」が立っていますが、そこから登ると北側は整地されていました。その西側を登りましたが、かなりの急斜面で、意外と大きな岩がありました。登ると足元はほぼ垂直の崖で、北に展望がありました。そのまま西に藪を抜けました。下草がないので、さほど苦労はありません。120m+の山頂は平坦で、いかにも古墳でした。周囲にブルーシートの残骸がたくさんあり、南の端には「3級基準点 龍子古墳調査」という金属プレートがありました。前方後円墳ではないかと思いますが、登ってくる道がないので説明板もありません。この西も平坦で、100mピークにもなんとなく塚のような盛り上がった部分があるので、これも古墳かも知れませんが、調査した形跡はありません。掘れば石棺くらい出てくるかも知れません。西に降りていくと、地形図の破線道に相当する杣道が尾根を横切っていました。その先にも古墳っぽい場所がありますが、小ピークの北側には送電線の鉄塔がありました。相生支線ですが、番号は汚れていて読めません。南に藪を降りて、溜池に降り立ちました。

この付近は龍野西インターチェンジの南側です。携帯のアンテナの入り口の所に赤い「火の用心」があって、そこから登るとすぐに相生支線4鉄塔に出ました。ここからは林の中を真っ直ぐに南に歩いて、斜面を登り、山頂に出ました。表山三等三角点(142.87m)があり、ここが今日の最高地点です。展望はありませんが周囲は落ち葉で、気持ちのよい場所でした。山頂からは南に歩きましたが、シダが増えてきました。南斜面なのでよく育つのでしょうが、膝の高さ以上にはなりません。共同アンテナがあり、岩が増えてきて展望も良くなりました。そして最後は国道2号線が足元に見える所に出てきました。さすがにここの岩はコンクリートで固めてあります。2号線と山陽本線、少し南に新幹線が見えます。大門の西の山がくっきり聳えてかっこ良く見えました。ここからは下山道が見つからず、藪を降りました。灌木もシダもかなり邪魔でしたあが、すぐに踏み跡が見つかって、降りられました。あとは2号線と、山並みの南側の道を歩き、日吉神社で絵馬を見て、野田焼古窯址を見て、車まで戻りました。

雪は全く残っていませんでした。

展望 ★☆☆
藪山度 ★☆☆
地形図は「龍野」です。