2017年5月3日水曜日

加美区丹治から登る篠ヶ峰

篠ヶ峰には何度か登っていますが、いつも東の氷上町の方からでした。そこで、西の多可町加美区丹治から登ってみることにしました。とはいえ、こちら側からは山頂まで舗装道路が延びていますから、普通に登るとそれを辿ることになります。そこで、北向きに登って、大井戸山から篠ヶ峰への尾根を歩くことにしました。

まず丹治で道を探すと、集落の東に春蘭荘という温泉と桜公園があることが分かりました。この公園の北側に林道があります。チェーンがかかっていますが、よく整備された道で、これを山裾沿いに歩きました。途中には通称名という札がたくさんあって、「山ノ神」「在郷軍人山」「勝太郎切跡」など興味深い名前がありました。機材運搬用のモノレールもありましたが、藪の中に登って行っていました。そして大きくヘアピンカーブすると舗装は無くなり、最後に道は2つに別れ、ひとつは送電線鉄塔の方へ登っていました。これは奥多々良木線三四鉄塔で、展望があります。ここからは尾根を真っ直ぐに登ることにしました。さほどの藪ではありませんが、枝をかき分ける必要がありますし、ネットがあって邪魔です。勾配もあるので体力勝負の登りでした。そして主尾根直前まで登ると、未舗装の幅広い林道がありました。尾根の下を巻いて走っている感じで、どこまで行くのか見に、左(北東)に行ってみました。するとすぐに終わっていたので、その付近から尾根に上がって、さらに西側に歩いたのですが、これは逆方向でした。急坂を必死に登ると、地積図根三角点があって、「大井戸山 清水山」の矢印がありました。ここは2012/09/14に通った大井戸山から清水山へのルートで、篠ヶ峰へのT字なっているピークでした。実は林道は主尾根に沿って走っていたのだと気付いて、引き返して篠ヶ峰へ向かいました。

大井戸山と篠ヶ峰の間の尾根は勾配もあまりなく歩き易く、北に氷上町方面が望めました。そして林道の切通しがありました。この林道は加美区と氷上町をつなぐものなのですが、南側には「5号(日向)線」という林道があって、これがさっき出会った林道のようです。ここをちょっと南に行けば山頂に通じる舗装道路があるのですが、それではつまらないと思って東に歩きました。この林道はしっかり作られたようですが非常に荒れています。やっとのことで氷上町へ降りる所まで出ました。地形図にはここから山頂まで破線道があるのですが、実際にはありません。急斜面を登ると動力線があって、2014/11/24に氷上町から登って来た尾根だということに気付きました。右下に道路を見ながらの、けっこう勾配があって長い尾根登りで、やっと山頂に着きました。アンテナ群があり、展望も良好です。自動車がとまっていました。

山頂からは南の尾根を降りました。すぐに2014/12/03に通った「火の用心」が3枚ある地点に出ました。ここで南に降りる所は、これがないと見落としそうです。前とは逆方向に歩いて、奥多々良木線三六鉄塔に出ました。この先を歩いても良かったのですが時間もなかったので、ここから下山することにしました。送電線の下は伐採されていますが、それが故に藪で降りられません。そこで、南側の植林を降りました。急勾配で伐採された木が転がっていて非常に降りにくかったのですが、少し降りると林道が見えたので頑張って降りました。この林道は「3号(籠谷)線」だそうで、南に大回りしてから舗装道路に出ました。

最初は林道を歩き、帰りは舗装道路を歩いた割には5時間近くかかりました。丹治から篠ヶ峰は直線距離でも3km近くあり、登山にはあまり向いていないようです。

展望 ★☆☆
藪山度 ★★☆
地形図は「丹波和田」です。

2017年4月22日土曜日

丹波市青垣町の下り松三角点から段ケ谷三角点

先週行ったばかりの丹波市青垣町の段ケ谷三角点ですが、気分良く歩けたので、もう一度行ってみました。ただし今回は登りの尾根を変えて、青垣町惣持と小稗の間の尾根から登りました。この尾根の南東の先は大幅に削り取られて崖になっていますが、その西の谷には「コバサマ」と書かれた札が立っており、その奥には道があります。谷沿いに入っていくと害獣避けの扉があり、その奥の谷は以前には耕作地として使われていたようです。谷を登り詰めるのは無理そうだったので、東の植林を作業道の名残を使って斜めに登って尾根に上がりました。西に歩いて主尾根に出ると、下り松三等三角点(324.21m)がありました。

このあとはずっと緩い勾配の尾根歩きです。ほとんどが植林で、下草はありませんから、気持ち良く歩けました。とは言え標高差300mほどを登りますので、登山には違いありません。511m地点から先は急勾配になりました。地中にケーブルが埋まっていたので共同アンテナがあるものと思いましたが、撤去されたのか見当たりませんでした。そして気持の良い640m+地点に出ました。先週とさほど違っているわけはありません。西側の谷は木も草もほとんど生えていないのが不思議です(写真)。

ここからの尾根は先週歩いており、紅白の大河内線六一鉄塔から段ケ谷三等三角点(722.32m)、それからも気持ちの良い尾根が続きました。先週は740m+ピークから南に尾根を降りましたが、今回はもっと先の814mピーク(「仏岩」というプレートあり)まで行きました。この付近はススキが多く、大稗から粟鹿山に登ったときにもススキの中を歩きました。時間的のは粟鹿山まで行けそうでしたが、行ってもたいして楽しくはないことは分かっていたので、下山することにしました。

南の尾根への下りは急斜面で、ネットが邪魔でしたが、問題なく降りられました。その後は長い尾根歩きです。先週この尾根を東の尾根から見た時には樹海のようだと思ったくらいで、この尾根の東側は密度の高い植林です。しかし西側は雑木林なので、尾根は明るく、ここも気持ちの良い場所でした。突然藪っぽくなったと思ったら、大河内線五七鉄塔でした。地形図には大稗に降りる道がありますが、これは地形図通りではなく、大稗の北にある南西に伸びた尾根の方向に行っているようでした。そして347mピークを過ぎて、やや藪っぽくなった尾根の先に出ると、いきなり崖の上に出ました。ここも尾根先は大きく削られています。結局東側に降りましたが、ネットがあって北に戻る羽目になりました。早めに植林を東に降りるのが正解だったと思います。

4時間ほどの、気持の良い山歩きでした。

展望 ★☆☆
藪山度 ★☆☆
地形図は「矢名瀬」です。

2017年4月15日土曜日

丹波市青垣町の段ケ谷三角点

大名草の北側の、粟鹿山に連なる尾根を歩きました。登り口は青垣町惣持です。長い階段を登ると胸腹神社があります。胸と腹の病気にご利益があるのだろうと想像します。本殿は小さいのですが、石段は立派でした。神社の裏手から尾根を登り始めました。やや急な登りで、ネットが邪魔です。ネットの北側は植林ですが、最初は若い木で、足元も良くありません。共同アンテナの墓場を過ぎて登っていくと、植林も立派な木になってきて、40分ほどで主尾根に着きました。主尾根は植林もありますが自然林の所もあります。どちらも非常に歩き易く、広々した気分の良い場所もあって、この後下山を始めるまで気分良く歩けました。枝の間から時々展望もあります。ただし620mピークへ登る手前は非常に急斜面で、真っすぐは登れず東に斜めに登りました。作業道の名残があったので登れましたが、なかったら大変だったでしょう。640m+の尾根の分岐は広くて気持の良い場所でした。そして下って登ると、紅白の大河内線六一鉄塔に出ました。そして、すぐ上に段ケ谷三等三角点(722.32m)がありました(写真)。写真で枝に付けられている赤いものは大柿さんの赤札ですが、ほとんど読めません。巡視路を示す「火の用心」が立っているのですが、この付近のものはどれも向きが微妙で迷いそうです。

この先はどこから下山するか悩みました。主尾根が歩きやすいので、なるべくたくさん歩きたくて、708m地点からは降りずに先に進みました。その先は北側に谷がありますが、ここは伐採されたのか木が無いので広々と言うか殺風景です。そしてその先の740m+ピークから南に尾根を降りました。この付近まで来ると、粟鹿山は目の前という感じです。この尾根は地形図で見ても非常に急峻ですが、破線道が描かれています。実際には道はありませんが、降りられないほど急峻ではありません。ネットが邪魔ですが、下草は一切ありません。途中で破線道が東に分かれている付近は東側が植林となりましたが、真っ直ぐに尾根を降りました。大河内線五八鉄塔まで降りると、そこからは巡視路で下山しました。この谷は今は植林ですが、以前は段々畑だったようで、石積みがたくさんありました。

展望 ★☆☆
藪山度 ★☆☆
地形図は「矢名瀬」です。

2017年4月1日土曜日

県境のクロイシ山から親不知

県境というのは、兵庫県と京都府の境です。福知山市と丹波市の境となります。2016/09/01に氷上町鴨内からクロイシ山まで登ってきましたが、その時に親不知への道標があり、行ってみる気になりました。親不知へは福知山市の市島町から登るのが近そうですが、姫路からだと氷上町の方が近いので、氷上町から青垣町東芦田を通って穴裏峠を抜けて豊富用水池に出ました。池の周りの山はどれも急斜面ですが、登りやすそうな所を探して南西の尾根に登りました。最初の急斜面の後も急勾配が続きますが、植林なので登り易く、そのうちに主尾根に着きました。主尾根に出ると「分水界の径」(どうしても「分水界の怪」と読めてしまう)の道標がありました。ここは県境であるとともに日本分水嶺でもあります。さすがに整備されており、快適に歩けました。510mピークから南に降りる急斜面は、道標が無いのでちょっと不安でした。しかし問題なく歩けて、クロイシ山に着きました。曼田良四等三角点(555.82m)があります。どうしてマンダラなのか、気になるところです。

クロイシ山からは親不知へ縦走です。ちょっと斜面を下ると市島町方面が見えてきて、「親不知山頂へ約3.5Km」という標識が倒れていました。じっさい親不知までは1時間強かかりました。気持ちの良い植林が続き、自然林も落ち葉が気持ち良く、天気も良かったので最高の山歩きでした。ただし松茸山だそうで秋は立入禁止となっていました。アップダウンがあるので、それなりに疲れますが、0.5kmごとくらいに道標があって、残りの距離を教えてくれます。そして親不知に着きました。ベンチがいくつかあり、東側の展望があります。福知山はすぐそこという感じです。親不知三等三角点(604.48m)の標石は北側が欠けていました。

下山はまず親不知から北に降りて、市寺への標識を辿りました。整備された道で570m+ピークまで上がり、ここからは西に平らな尾根を歩きました。ここは感じの良い所です。その先からは南西の尾根で下山しました。途中は自然林が多く、倒木もあって通りにくい場所もありましたが、シダ藪などはなく、長い尾根ですがほぼ問題なく降りられました。問題は尾根先のダムの所で、尾根を真っ直ぐ先まで歩いてしまったので、崖のような場所に出てしまいました。なんとか降りやすいところを探して降りましたが、正解は貯水池側に降りることだったようです。堰堤には扉がありますが、害獣避けのものなので開けられます。

一周して4時間程度。気持ちのよい山歩きでした。

展望 ★★☆
藪山度 ★☆☆
地形図は「黒井」です。

2017年3月29日水曜日

北から登る西脇の大坂山

2012/04/07に南のデカンショ街道の方から登った大坂山(別名「数曽寺山」「津万郷山」)に、北から登ってみました。起点は西脇市塚口町の愛宕神社です。そっけない建物で狛犬代わりに岩が両側に置いてありますが、左手にちょっと登ると灯籠と行者像がありました。ここの裏手は工事中のようなので、神社の右手から藪を登りました。シダが生えていますが、この付近では腰の高さを越すことはありません。踏み跡がありますが、ハイキングというには周囲が雑然としています。372mピークの手前には、ちょっと岩があって展望がありました。西脇が見えますが(写真)、一番良く見えるのは隣のゴルフ場です。372mピークから280m+鞍部に降りるところはかなり酷い藪で、踏み跡も見つけられず、藪漕ぎを強いられました。鞍部にはシダは生えていませんが、登りに入るとまたシダ藪です。この付近は、かなりの忍耐力を要求されます。次の岩場は標高380m付近で、ここを過ぎると主尾根はすぐそこです。主尾根には切り開きがあって、楽に大坂山に到達できました。ここには三草山2三等三角点(449.95m)があり、四方に展望があります。

下山は東に少し戻り、そのまま主尾根(西脇市と加東市の市境)を降りました。マーキングのある切り開きなので楽です。途中で岩場がいくつかあり、北に向かう尾根も歩けそうでしたが、道のある市境を降りました。数曽寺谷のどん詰まりの鞍部には、「兵庫県砂防指定・・・」という石標が立っています。ここから植林を抜けて北の谷に出て、そのまま塚口町へ帰りました。途中には金城池への分岐や、江戸時代の道標がありました。車では通れませんが、歩くには支障のない道でした。

大坂山まで2時間半もかかっているので、はやり藪はかなり厳しかったと言うべきでしょう。

展望 ☆☆☆
藪山度 ★★☆
地形図は「比延」です。