2012年10月27日土曜日

銀山湖から登る法道寺山


生野の銀山湖の北にある法道寺山は、北側の岩屋観音からも登れますが、今回は南の銀山湖から登ってみました。法道谷からというルートもありますが([1])、法道谷の奧は荒れていそうなので、安全策として尾根伝いに登ることにしました。登り口は法道谷ではなく、そのもう一つ西の谷です。橋から降りた所に駐車場があるのでそこに車をとめて、谷の奧へ歩きました。すぐに谷は狭くなって、地形図で実線道が破線道になるあたりで杣道という感じになりました。送電線の下を通ると赤い「火の用心」が谷の西側にありました。しかしNo.31とNo.32の両方の数字が書いてあり、よく見ると谷の東側にも赤い「火の用心」が立っていたので、谷を渡って行って見に行くとNo.32への巡視路がありました。急斜面に作られた道なので崩落しかかっており、すぐに見失いましたが、どうやら浅い谷に通じているようで、水のない谷間を登ることになりました。かなりの急勾配ですが、真っ直ぐ登って行くと、鉄塔の下に出てきました。619mピークの山頂ではなく少し西側の斜面に立っている大河内線32鉄塔です。展望は良く、銀山湖は少ししか見えませんが、生野の町が見えました。遠くの山は、もちろんたくさん見えます。

ここからは尾根を北に縦走です。しばらくは古びた金網に沿って歩くことになりますが、周囲は自然林が多く、踏み跡もあるので快適でした。ほぼ平坦な尾根を歩いて行くと、岩のある急斜面に出ましたが、ここを登ると主尾根に出ました。周囲は植林です。少し北に歩くと、法道寺山です。上生野二等三角点(806.46m)があります。周囲は伐採してありますが、展望はありません。この先も北に縦走ですが、法道寺山のすぐ北は急斜面を降ります。ここは間違えやすい場所でした。この尾根には大昭和製紙の境界見出標や標石がたくさんあります。地主さんでしょうか?他にも地籍調査のピンクテープがたくさんあります。769mピークには地籍図根三角点がありますが、こんなにピンクテープを使わなくても、と思うのですが(写真)。このあと坂を降りて、ちょっと植林が増えたと思うと行者山から連なる尾根に出ました。ここで東に曲がりました。

曲がってすぐに、再び地籍図根三角点があります。ここでもピンクテープがふんだんに使われていました。この先の尾根は、ここまでとは打って変わってマーキングが無く、寂しくなりました。しかも徐々に藪っぽくなります。北の多々良木ダムは木々の間からずっと見えていますが、一番よく見えたのは769mピーク付近でした。竹田城もかろうじて見えました。769mピークは平らなので南に行きたくなりますが、北東に降りなければなりません。降りた所で東に曲がるのですが、マーキングが無く、広がった尾根なので目標が掴めません。要はどこを降りても良いのですが、降りてきた尾根は藪でした。この先は踏み跡が復活し、歩き易くなりました。相変わらず大昭和製紙の境界見出標があります。そして辛い急登の後で、もっつい山山頂に出ました。赤星四等三角点(775.74m)があります。

もっつい山からは南に尾根を歩いて下山しました。この尾根は関電の巡視路となっているため歩き易く、ススキや紅葉を愛でながら歩きました。大河内線36鉄塔は、東側の眺めの良い場所です。多可町の三国岳などが見えていました。ここから尾根は植林になります。続く35鉄塔も眺望の良い所で、法道谷が見下ろせます。巡視路はここから更に南の尾根に延びていて、646mピークを通りますが、その南の登りかけの所で西に分岐しています。この分岐は34鉄塔に行くものですが、斜面をトラバースする形に道が付けられており、崩落しかかっていたので、とりあえず南の690m+ピークに登り、そこから真っ直ぐに鉄塔のある尾根を降りることにしました。690m+ピークは植林です。ここから鉄塔のある尾根に降りようとしたのですが、まず倒木に妨げられました。倒木を過ぎても幅の広い急斜面の藪で、途中で嫌になって歩き易そうな南側の尾根にトラバースしました。こちらの尾根はほどほどに降りやすかったのですが、尾根の先には鉄塔は無く、尾根の先に見えていたのは法道谷の西側の鉄塔でした。地形図ではこの付近は銀山湖沿いの道路の北側は崖に描いてあるので心配だったのですが、とりあえず降りて行くと道路が見えて、急な植林を抜けて降りて道路に出ることができました。

5時間弱の山歩きでした。色づいた木もあり、秋を楽しむことができました。法道仙人と言えばインドから雲に乗ってやって来たという人で、法華山一乗寺や御嶽山清水寺の開祖でもあります。この付近が活動の北限かも知れません。

展望 ★★☆
藪山度 ★★☆
地形図は「但馬新井」です。

2012年10月14日日曜日

神河町の飛ヶ丸


2010/04/03に、粟賀町の大嶽山から北に縦走して、大河四等三角点まで歩きました。最近[1]を見て、この597.8mピークが飛ヶ丸(または飛山)という名前だと知り、もう一度登ってみることにしました。

播但自動車道を「神崎32」でくぐって、普通林道長尾谷線を登って行きました。途中に「坂の地蔵さん」への分岐があり「医者どん道」の標柱も立っています。前回は「坂の地蔵さん」から飛ヶ丸に登りましたが、登りにくかったので今回はそちらには行かず、前回下山に使った尾根に向かいました。これらの標識については[1]をご覧下さい。前回に降りてきた付近を探しましたが、あまり登りやすそうな場所はありません。そこで林道をさらに先に行って、尾根の北側の谷から登り始めました。最初は間違えて北西の谷に行きそうになりましたが、気が付いて西に入る谷に戻りました。この付近は地形図の粟賀町と生野の境界にあって、読み間違えそうでした。

この谷の北側には作業道があり、これを歩きました。南側の尾根に早く移りたかったのですが、谷の南斜面は地形図で見るよりもずっと急で、登る気にはなりませんでした。しかし谷の奧は段々狭くなり、作業道も怪しくなってきたので、結局谷に石組みの堰堤(?)があるところで谷を渡り、南斜面を登りました。幸いに作業道があり、水平に斜面をまわって尾根に出ました。この尾根は前回は下山に使いました。この付近から下は良い感じなのですが、ちょうど尾根に出た所から上は急斜面で藪っぽく、木の枝の間を抜けて登り、飛ヶ丸山頂に出ました。大河四等三角点(597.79 m)付近は伐採してありますが、前に来た時よりも藪っぽい雰囲気でした

山頂からは北に尾根を歩きました。植林ですが、枝打ちされていないようで下の方から枝が出ています。しかも585mピークを過ぎると藪っぽくなりました。だいたいは南側が植林、北側が自然林で、680m+ピークへ登る斜面もその境界を通りました。ピークは植林ですが、その北は藪です。それを過ぎて600m付近まで来ると美しい植林となります。ここは2009/09/26に来たの八幡山から来た所です。今日は北には行かず、下山するつもりで東に行きました。625mピークも植林です。南に尾根を降りて行きましたが、やや分かりにくい尾根でした。494mピークは伐採されており、ネットで囲まれていてびっくりしました(写真)。背の高い松の木が残されているため展望は抜群とは言えませんが、猪篠川を上流から下流まで見渡せます。笠形山や粟賀町の様子もよく見えます。494mピークがネットで囲まれているため、下山もネットの中を降りることにしました。このネットは最近のもので、出入り口がなければ通れないからです。結局伐採の終わった南斜面を降りました。急斜面に伐採した木が積み上げられており、隣の植林とどちらが降りやすかったか分かりません。慎重に降りていくと、伐採地の一番下に出入り口があり、10mほど下に林道がありました。

3時間ちょっとのショートコースでした。尾根はずっと植林だと思っていたので、予想よりは藪が多かったのですが、さほど苦労せずに歩けました。

展望 ★☆☆
藪山度 ★★☆
地形図は「長谷」「生野」です。

2012年10月7日日曜日

黒尾山の南の870mピーク


山には常に名前があるとは限りません。この山も、あまり目立つ山でもなく、名前が無いのもしかたないかも知れません。しかもこの山は通り道で、必ずしもこの山に登ることが目的だったわけでもありません。

山崎から伊沢川を遡って、上の下(地名です)で左に曲がり、河原山川沿いに細い道を走りました。橋を渡り、別荘を何軒か過ぎたところで右に別れる未舗装の道があり、ここに車をとめました。そして川沿いに歩き、東谷大橋を渡って堰堤を過ぎ、河原山川から東谷川が別れる所で東谷川を北に渡って、尾根の端に取り付きました。少し北に行って河原山川に近い尾根を登り始めると、作業道がありました。尾根を真っ直ぐに登っているので大変な急勾配ですが、道には違いありません。しばらく登って踊り場を過ぎると倒木などが増えて藪っぽくなりますが、道は続いています。そのまま尾根を登り続けましたが、意外と植林は少なく、ところどころ岩のある尾根でした。820m+ピークも、851mピークも藪でした。その先しばらくは平らですが、登りになります。この付近でも踏み跡はあります。地形図ではこの付近のすぐ南の谷に破線道がありますが、確認していません。尾根を登って行くと岩場があり、付近にはワイヤーロープが転がっています。この付近は伐採されており、材木を下ろしたのだと思いますが、伐採後には灌木が茂っており、イバラも多くて藪になっています。ところどころ最近植林を切ったところは空き地になっていましたが、他は藪で、抜けるのに苦労しました。最後は870mピーク近くに行きましたが、藪がきつかったのでピークには行っていません。おそらく高い松の木が生えていたあたりだと思います。

870mピークからは東に尾根を歩きました。ここも木が少なくて藪ですが、道がありました。ワイヤーロープが尾根沿いに走っていましたが、何のためのものか見当もつきません。そのまま尾根を北に歩いて、山崎智頭線16鉄塔に着きました。写真はここから見た黒尾山です。ここまで、北の尾根に隠れて黒尾山を見ることはできなかったのです。鉄塔からは南に歩きましたが、来た方の尾根に行かずに植林の中を東側の尾根に降りました。しばらく行くと道標があり、15鉄塔経由で与位への分岐となっていますが、水剣山方面に歩きました。植林の790m+鞍部を過ぎると真っ直ぐの登りで、840m+ピークに出ました。ここにも道標があり、水剣山方面に進みました。この先の尾根は以前に峰旗から歩きましたが、倒木で荒れた部分が多く、なかなか進めません。植林が終わると急な下りになり、木に掴まって降りました。方向をきちんと確認しなかったのですが、今回は西に戻るので必ずしも峠に降りる必要はなかったので、適当に降りて行きました。そして出てきたのは荒れた林道でした。この道は谷の北側斜面に作られており、降りてきた地点より東側は倒木で埋まっていました。幸いに西側は地形図の実線道どうりで、一旦曲がってから川を渡り、くねくねと曲がりながら降りていきます。紅葉の季節には美しいと思います。

名もない山ばかりですが、コースとしては870mピークの手前と林道に降りる所以外は大きな問題はありません。展望は870mピーク付近からと鉄塔から楽しめました。ところでこの付近は河原山国有林のようですが、河原山とは具体的にどの山のことでしょうか?河原山三角点は、一宮の方にあります。

展望 ★☆☆
藪山度 ★★☆
地形図は「安積」です。

2012年10月6日土曜日

中音水渓谷


音水川と赤西川の間にある中音水川付近の山は、登りたいとは思っていましたが、周遊ルートがうまく組めません。渓谷が長く延びていて、ぐるっと尾根をまわって帰って来られないのです。しかし[1]を読むと中音水渓谷には森林鉄道の跡があるそうなので、周回ルートにこだわらず行ってみました。

波賀町音水の「インクラ橋」を渡って林道に入りました。名前からして森林鉄道の跡です。しばらく歩いて、尾根が突き出ている所にカーブミラーと赤い「火の用心」がありました。ここから尾根に登ると原横行線4鉄塔がありました。引原川対岸の日ノ原集落がよく見えます。この後は尾根を歩きました。ちょっと岩がありますが、ごく普通の藪山で、音水四等三角点(727.37m)に着きました。ここからちょっと地籍調査のピンクテープがありますが、植林の鞍部を過ぎるとマーキングの無い藪に戻りました。823mピークも藪ですが、そこからいったん鞍部に降りて、また登ってピークに出て、渓谷を目指して南西に尾根を下りました。岩場に鋼鉄のロープが落ちており、岩の周囲にロープを巻いて何かを引き上げた跡がありました。尾根の最後は岩場が多く、急勾配で木につかまらないと降りられません。斜面は落ち葉と柔らかい土とガレ石で埋まっており、下手をすると長距離を滑落します。最大限の注意を払って降りると、道に出ました。地形図の破線道です。

この付近には人の活動の跡があり、道もしっかり整備されています。少し中音水川を遡ると、「引原川支流 中音水川源流」の標識が立っており、川を渡る鉄の橋がありました。これが破線道が川を渡っている所ですが、川沿いにも歩けそうだったので、中音水川を遡ってみることにしました。中音水川渓谷は音水渓谷に劣らない美しい渓谷です。特にこの付近は川の両側が広く、気持ちの良い場所です。最初は川の東側を歩いていましたが、岩が迫って歩けなくなったので西側に渡ると直径4mほどもある炭焼き窯の跡がありました。この後も川を何回か渡って川を遡りましたが、少し歩きにくくなってきたので川の西側を見上げると、きれいな石積みがありました。これが地形図の破線道に違いなく、ガレ石の急斜面を登って道に出ました。しばらく北に歩いて橋の流された谷を渡ると、小屋が二軒ありました。どちらも壊れかけており、隣には既に壊れた家の残骸がありました。よく見ると電気を使っていた形跡があります。

山側の小屋の前からさらに道を北に歩くと、地形図で堰堤の描いてある所に川を渡るコンクリート製の橋の残骸がありました(写真)。[2]を読んでいなかったので、ちょっと感動しました。この橋は途中で切れて、部品のコンクリートブロックが川沿いに落ちていましたが、橋の落ちた先には木で同じ様な橋を作った跡が残っていました。橋が流されてから木で作り直したのでしょうか。地形図では破線道はこの先も川の西側に描かれていますが、実際にはここで東側に渡っています。この橋の残骸は道から直角に延びており、道そのものは少し行ってから川に突き当たって終わっています。道の終端はしっかりとした石組みになっており、川から橋と同じくらいの高さがあり、おそらくこの道の先にも橋があったものと思われます。対岸に渡ってさらに中音水渓谷を遡ると、地形図で破線道が終わっている付近で道も終わっていました。ただしここからは西の尾根をジグザグに登る踏み跡があり、1032mピークの方へ行けるのかも知れません。

中音水渓谷はもっと遡れそうで、源流もこの先にあるのだと思いますが、疲れてきたのでこの辺で帰ることにしました。帰りは破線道をずっと南に歩きましたが、土石流や倒木で通れなくなっている場所が何ヵ所があり、そのような所では山側か谷側に巻いて進まねばならず、疲れました。そして岩の切通を通ると、いきなり橋に出ました。これは高い所に掛かっており、間の開いた二本のコンクリート棒なので、危なくて渡れません。しかたなしに谷に降りて登りなおしました。この先の道を歩くと車輪が落ちていました([1])。さらに先にはまたコンクリートの二本橋が二つも掛かっており、谷が深いので進むのを諦めました。先ほどの高所の橋の下の谷を地形図の破線道どうりに降りて、中音水川に出ました。この付近のことは、[1][2]に詳しく書いてあります。破線道はこの場所で急斜面を登っていますが、森林鉄道はこのような坂は登れなかったと思われます。他の部分はほぼ山の斜面に等高線に沿って引かれており、ここだけ急斜面を登るなら、何らかの仕掛け(インクライン?)が必要だったと思います。それを考えると、川の南でいちど東に大きく水平に戻って徐々に登るのは理解できるのですが、そもそもどんな車両が走っていたのでしょうか?

帰りは谷沿いの破線道を歩きました。最初は倒木が邪魔な程度で、良く整備された道です。しかし、[1][2]にもありますがコンクリートの二本橋と鉄製の二本橋が続いてあります。この二つも歩かずに谷に降りて巻いたのですが、谷側に降りる斜面は急斜面で、意を決して橋を渡った方が安全だったかも知れません。しかも道に戻ろうとすると石積みが邪魔で登れなかったりします。この先の道はどんどん荒れてきて、倒木や土石流で見えなくなっている所もありました。そしてほとんど道とは言えないようになり、疲れ果てて上を見ると、林道が走っていました。林道に出てから林道の終点(「中音水川源流」の標識あり)まで行ってみたのですが、林道がまっすぐに破線道に繋がっているわけではないのです。ですから何も知らずに破線道を東に歩くと、林道の下を平行に歩いてしまうわけです。この林道は歩くには十分でした。特に尾根の先で南に突き出た岩場を廻る時には、岩の迫力に圧倒されました。最近に岩の一部が崩れたらしく、明るい茶色の岩が露出していました。原横行線2鉄塔の上を通り、始めに尾根を登り始めたカーブを通って、音水に戻りました。

ここで歩いた道はほとんどが森林鉄道の跡のようです。ただ、破線道と林道がまっすぐ繋がっていないことから考えると、今の林道がそのまま森林鉄道の跡なのかどうかは疑問があります。中音水渓谷は美しいのですが、辿り着くにはかなりの努力を要することが分かりました。木につかまって登ったり降りたりする場面が多く、腕が痛くなりました。

展望 ☆☆☆
藪山度 ★★★
地形図は「音水湖」「西河内」です。